必要な機能・性能

手巻き式か自動巻きかで選ぶ


機械式時計とは、クォーツ式の時計とは異なり、電池などの電力を動力として動く時計のことではありません。機械式時計の動力は、ぜんまいの巻き方となっています。この点が機械式時計の最大の特徴ともいえるものです。機械式時計は、その精巧さから美しいムーブメントや文字盤装飾の美しさ、ベルトの種類などといったデザインで選ぶ人も多いですが、機能や性能にも着眼して選ぶことが必要です。機械式時計と一口に言っても、ぜんまいの巻き方によって大きくふたつに分けることができます。ひとつが手巻き式であり、もうひとつが自動巻きです。手巻き式とは、文字通りリューズを自分の手で巻いて動力を蓄える方式のことを言います。

一方で自動巻きとは、時計の中に内蔵されている半円形の重りが、時計をはめた腕の動きに合わせて回転し、その積み重ねによってぜんまいが自動的にまかれていくという仕組みです。手巻き式の機械式時計は、自分で定期的にぜんまいをまかなければ動力がなくなってしまうので、次第に止まってしまいますが、自動巻き時計は時計を身に着けたまま行動すれば止まることはありません。ただし、一日半以上腕から外してぜんまいがまかれずにいると止まってしまいます。時計をどれだけの頻度で使うのかといったことを参考に、これらの機能の違いで選ぶと使い勝手がよくなります。

防水性とカレンダー機能で選ぶ


機械式時計は、手巻き式と自動巻きとがありますが、この二つは動力源の確保の違いもありますが、重さや頑丈さも異なるので、これも選ぶ際のポイントとなります。手巻き式時計は、その構造は非常に単純であるため、軽量で薄型の構造をしているものが多いです。一方で自動巻き機械式時計は、時計の内部に自動で巻き上げられる機構が備わっていることもあり、厚みと重さが備わっています。腕に巻き付けた際の使いやすさといった性能も大きく異なるでしょう。機械式時計には、時計として時刻を知るという以外にも様々な機能がついていることが多いです。そのため、それらの機能の違いで選ぶことも機械式時計を選ぶ際のポイントといえるでしょう。 機械式時計に限ったことではありませんが、時計には防水機能がついていることが多いです。ただ防水機能にも様々な段階があります。日常生活レベルの防水と日常生活以上の防水、そして潜水にも耐えることができる防水です。どのような際に時計を使用するのかといったことを考えて、防水機能のレベルで選ぶことも必要となります。このほか、カレンダー機能がついている機械式時計もあります。時刻だけではなく、日付や曜日を知ることができる機能で、時刻だけで十分ならば無駄な機能となってしまうでしょう。